FC2ブログ

最近の駅訪問

2019年5月3日に駅訪問に行ってきました。訪問駅は、 東鹿越、下金山、金山、布部、山部 です。
(2019/05/03 up)
Finetoday

駅訪問の掲示板

現在掲載中の訪問駅は、 東鹿越、下金山、金山、布部、山部 です。
(2019/05/04 up)
Finetoday

プロフィール

気まぐれムック

Author:気まぐれムック
私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。

カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキング

リンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

第0369駅 山部駅(北海道) 2019/09/07
第0368駅 布部駅(北海道) 2019/08/03
第0367駅 金山駅(北海道) 2019/07/06
第0366駅 下金山駅(北海道) 2019/06/01
第0365駅 東鹿越駅(北海道) 2019/05/04
第0364駅 南小樽駅(北海道) 2019/01/19
第0363駅 小樽築港駅(北海道) 2019/01/05
第0362駅 朝里駅(北海道) 2018/12/22
第0361駅 銭函駅(北海道) 2018/12/01
第0360駅 ほしみ駅(北海道) 2018/11/10

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
34位
アクセスランキングを見る>>

twitter

RSSリンクの表示

にほんブログ村

人気ブログランキング

第0234駅 上ノ国駅(北海道)

訪問日:2013年7月20日(土)
所在地:北海道檜山郡上ノ国町

上ノ国駅

上ノ国駅駅名標

<経路>
渡島鶴岡(9:30)→木古内(10:00)・・・徒歩
木古内(11:48)→上ノ国(12:47)・・・函館本線・江差線普通江差行

9時30分、渡島鶴岡駅を後にした。徒歩で木古内駅を目指す。歩くたびに、北海道新幹線の高架橋が近づいてくる。やがて、北海道新幹線をくぐり、木古内の街を歩く。10時0分、木古内駅に到着した。

木古内駅に到着しても、次の列車まではまだ1時間以上ある。ここで、昼食として函館駅で購入した北の家族を食べることにした。いかめしやニシン、帆立など海の幸がたくさん入っており、ボリューム満点の駅弁だった。

北の家族

11時48分、キハ40系は木古内駅を後にした。車内はかなり混雑している。しかも、テレビの取材クルーも乗っていた。取材クルーは湯ノ岱駅で下車していった。しばらくして、天の川の駅名標を発見。列車はそのまま通過するので、写真を撮ることはできなかったが、撮り鉄が何人かいたのが見えた。それにしても、川はきれいだった。12時47分、上ノ国駅に到着した。

上ノ国駅は単式1面1線の駅である。かつては相対式2面2線の駅だったようだ。北海道最西端の駅であるが、無人駅となっている。しかし、商工会や観光案内所が併設されている。トイレもある。

上ノ国駅の中に入ると、少年たちがゲームをしていた。きちんと挨拶をしてくれ、とても礼儀正しい少年たちだった。

次は湯ノ岱駅へ向かう。

第0232駅 神明駅(北海道)

訪問日:2013年7月20日(土)
所在地:北海道檜山郡上ノ国町

神明駅

神明駅駅名標

<経路>
野幌(22:55)→札幌(23:14)・・・函館本線普通手稲行
札幌駅前(23:57)→函館駅前ターミナル(5:10)・・・高速バス函館特急ニュースター号上湯川町行
函館(6:53)→神明(8:39)・・・函館本線・江差線普通江差行

夏の青春18きっぷのシーズンがやってきた。今回は2014年5月に廃止となる江差線木古内駅~江差駅間を巡る旅に出ることにした。まずは、駅巡りの旅を始めてから、初となる高速夜行バスを利用する。札幌駅前でバスの到着を待っていると、結構人が集まってきた。そして、満席のまま高速バスは函館へと向かった。座席は一番前の窓側だった。道央自動車道を走り、途中2回の休憩を取る。翌朝、函館に到着した。列車の発車時刻まで時間があるので、函館朝市で朝食をとる。注文したのは大漁丼だ。イクラやウニなど、いろいろな海の幸が入っており、あっという間にたいらげてしまった。函館駅へと戻り、駅弁を購入しておく。購入したのは北の家族(1050円)だ。やがて、改札の時間となり、青春18きっぷに日付印を押して、ホームへと向かった。早速、江差線の列車を写真に撮っている人がいた。中には女性もいた。自分も写真を撮り、列車の中へと乗り込んだ。

キハ40系

6時53分、キハ40系は函館駅を後にした。五稜郭駅から江差線に入り、やがて海沿いを列車は走る。木古内駅で14分の停車なので、外に出てみる。木古内駅では北海道新幹線の高架橋が着々と造られていた。再び列車は出発し、海峡線と分かれる。吉堀駅を過ぎ、ブレーキをキイキイさせながら峠を下っていく。8時39分、神明駅に到着した。

神明駅は単式1面1線の駅である。板張りのホームと待合室のみの無人駅だ。駅ノートやなぜかボックスティッシュが置かれていた。また、熊が出るらしい記述もあった。神明駅のホームには花がきれいに飾られていた。地元の人が飾ったのだろうか。神明駅最後の夏となるであるためか、花が一層きれいに見えた。

次は渡島鶴岡駅へ向かう。

| ホーム |


前のページ «  ホーム