FC2ブログ

最近の駅訪問

2018年4月30日に駅訪問に行ってきました。訪問駅は、 八軒、新川、鶴沼、百合が原、太平、新琴似、桑園、琴似、発寒、稲積公園、手稲、稲穂、星置、ほしみ、銭函、朝里、小樽築港、南小樽 です。
(2018/04/30 up)
Finetoday

駅訪問の掲示板

現在掲載中の訪問駅は、 八軒、新川、鶴沼、百合が原、太平、新琴似、桑園、琴似、発寒、稲積公園、手稲、稲穂、星置、ほしみ、銭函、朝里、小樽築港、南小樽 です。
(2018/05/05 up)
Finetoday

プロフィール

気まぐれムック

Author:気まぐれムック
私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。

カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキング

リンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

第0358駅 稲穂駅(北海道) 2018/10/13
第0357駅 手稲駅(北海道) 2018/09/29
第0356駅 稲積公園駅(北海道) 2018/09/15
第0355駅 発寒駅(北海道) 2018/09/01
第0354駅 琴似駅(北海道) 2018/08/18
第0353駅 桑園駅(北海道) 2018/08/04
第0352駅 新琴似駅(北海道) 2018/07/14
第0351駅 太平駅(北海道) 2018/06/30
第0350駅 百合が原駅(北海道) 2018/06/16
第0349駅 鶴沼駅(北海道) 2018/06/02

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
25位
アクセスランキングを見る>>

twitter

RSSリンクの表示

にほんブログ村

人気ブログランキング

第0343駅 あいの里公園駅(北海道)

訪問日:2016年5月21日(土)
所在地:北海道札幌市北区

あいの里公園駅

あいの里公園駅駅名標

<経路>
中小屋(16:42)→北海道医療大学(16:58)・・・札沼線普通石狩当別行
北海道医療大学(17:06)→あいの里公園(17:22)・・・札沼線・函館本線普通札幌行

16時42分、キハ40系は中小屋駅を後にした。列車は石狩当別方面へ向けて南下する。16時58分、北海道医療大学駅に到着した。

北海道医療大学駅で、札幌行の列車に乗り換える。次の終点の石狩当別駅で乗り換えても良かったが、乗り換える列車が北海道医療大学駅始発のため、座席に座ることも考慮して、この駅で乗り換えた。

17時6分、733系は北海道医療大学駅を後にした。石狩当別駅、石狩太美駅と停車し、やがて石狩川を渡る。そこはもう札幌市だ。17時22分、あいの里公園駅に到着した。

あいの里公園駅は相対式2面2線の駅である。トイレ、自動販売機、ゴミ箱、ベンチ等一通り揃っているが、無人駅である。札幌市最北端の駅でもある。Kitacaの販売はないが、利用は可能である。

あいの里公園駅の駅前は郊外住宅地といった感じだ。その駅前に釜谷臼駅の歴史を記した看板が立てられていた。あいの里公園駅は、もともと釜谷臼駅として開業していた。それが、宅地造成も進み、1995年にあいの里公園駅に改称されたのだ。ちなみに、地名もあいの里に変更されている。

釜谷臼駅の歴史の看板

あっという間に次の列車がやって来る時間になり、ホームへと向かった。

次はあいの里教育大駅へ向かう。

<< 第0344駅 あいの里教育大駅(北海道) | ホーム | 第0342駅 中小屋駅(北海道) >>


コメント

こんばんは。
あいの里公園駅のお写真、懐かしく拝見しました。
私も以前にこの駅を訪ねたことがあるのですが、無人駅で自動改札が設置されている様子に、不思議さを感じていました。無人駅といえば、待合室だけで他の設備はないような、ローカル線の駅を思い浮かべていました。
札沼線の非電化区間は、バスに転換する方針になったようです。JR北海道が文書を公開していました。
沿線の多くの人が、バスで函館本線側に出てしまうとのことで、ゆっくり走り、本数も少ない札沼線は存在意義を失ってしまっているようです。
ローカル線が今後も存続していくためには、地域の中でどのような役割を果たせばいいのか、最近、分からなくなってきました。そう行った状況の中で、五月雨式に線区の廃止が続くとしたら、こんなに寂しいことはありません。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

風旅記さん>

コメントありがとうございます。
札沼線の文書は自分も拝見しました。
非常に残念としか言いようがありません。
ローカル線が生き残るにはどうしたらよいのか、
正直自分も分からなくなってきているという感じがします。
これは、北海道だけの話ではないと思うのですが・・・。
ただ、ローカル線が次々に無くならないことを願ってやみません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム