FC2ブログ

最近の駅訪問

2019年5月3日に駅訪問に行ってきました。訪問駅は、 東鹿越、下金山、金山、布部、山部 です。
(2019/05/03 up)
Finetoday

駅訪問の掲示板

現在掲載中の訪問駅は、 東鹿越、下金山、金山、布部、山部 です。
(2019/05/04 up)
Finetoday

プロフィール

気まぐれムック

Author:気まぐれムック
私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。

カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキング

リンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

第0365駅 東鹿越駅(北海道) 2019/05/04
第0364駅 南小樽駅(北海道) 2019/01/19
第0363駅 小樽築港駅(北海道) 2019/01/05
第0362駅 朝里駅(北海道) 2018/12/22
第0361駅 銭函駅(北海道) 2018/12/01
第0360駅 ほしみ駅(北海道) 2018/11/10
第0359駅 星置駅(北海道) 2018/10/27
第0358駅 稲穂駅(北海道) 2018/10/13
第0357駅 手稲駅(北海道) 2018/09/29
第0356駅 稲積公園駅(北海道) 2018/09/15

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
40位
アクセスランキングを見る>>

twitter

RSSリンクの表示

にほんブログ村

人気ブログランキング

第0261駅 新十津川駅(北海道)

訪問日:2014年6月28日(土)
所在地:北海道樺戸郡新十津川町

新十津川駅

新十津川駅駅名標

<経路>
豊ヶ岡(8:47)→新十津川(9:28)・・・札沼線普通新十津川行

8時47分、キハ40系は豊ヶ岡駅を後にした。乗客はワンボックスに一人程度といった感じだ。9時28分、新十津川駅に到着した。

新十津川駅は単式1面1線の駅である。現在の札沼線の終着駅だ。しかも、新十津川駅に来る列車は、一日3回しか来ない。かつては、留萌本線の石狩沼田駅まで線路が延びていたが、現在は廃止されている。今は、北へのレールを遮るかのようにアパートが建っている。

札沼線車止め

新十津川駅に到着すると、園児たちがお迎えをしてくれた。一人の園児がやってきて、新十津川駅のイラストが描かれたはがきをもらった。園児たちがかわいく、とてもほほえましい。ありがとうと言って、こちらも笑顔になった。このお迎えは2011年から、自分が乗ってきた列車が到着した時に、行われているらしい。新十津川駅が最も賑やかになる時間帯だと思う。

新十津川駅にはスタンプが置いてある。また、漫画の本や観光パンフレットも置いてあった。

再び列車の中に戻り、来た道を戻ることにする。この時も、園児たちが太鼓でお見送りをしてくれた。とても、心が和んだようだ。

次は石狩金沢駅へ向かう。

<< 第0262駅 石狩金沢駅(北海道) | ホーム | 第0260駅 豊ヶ岡駅(北海道) >>


コメント

おはようございます。
札沼線の非電化区間の廃止が決まってしまいました。
さらに列車の本数が減って、今では1往復のみ、既に鉄道は地域の生活に役立つ存在ではなくなってしまっているようです。本当に残念なことです。
こちらの駅までは、札幌の近郊路線として電化もされ、今後も新しい綺麗なステンレス車が走るのだろうと思います。その先に鉄路が続いていたことは、少しずつ記憶も風化していってしまうのでしょうか。
ここに駅があること、鉄道があることを、もっと大切にできればと願っています。
風旅記: kazetabiki.blog.fc2.com

風旅記さん>

おはようございます。
コメントありがとうございます。
札沼線の北海道医療大学~新十津川間の廃止は本当に残念です。
新十津川駅ではこどもたちがハガキを配っていたのを、
今でも印象に残っています。
このこどもたちが大きくなって、ここに線路が駅があったことを思い出し、
語り継いでいってほしいと願っています。
僕たちも、札沼線だけでなく北海道内で消えた路線を思い、
語り継いでいくことが必要なのかなと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム