fc2ブログ

第0384駅 滝ノ上駅(北海道)

北海道(空知地方)
01 /06 2024
訪問日:2023年5月3日(水)
所在地:北海道夕張市

滝ノ上駅

滝ノ上駅駅名標

<経路>
幌別(15:45)→苫小牧(16:50)・・・室蘭本線普通苫小牧行
苫小牧(17:13)→追分(17:51)・・・室蘭本線普通岩見沢行
追分(17:56)→滝ノ上(18:15)・・・千歳線・石勝線普通新夕張行

15時45分、キハ143形は幌別駅を後にした。室蘭本線を苫小牧方面へ各駅に停車しながら進む。途中、白老駅で特急北斗の通過待ち合わせで、5分ほど遅れが生じた。16時50分、苫小牧駅に到着した。

苫小牧駅で岩見沢方面の列車に乗り換える。だが、その前に少々時間があるので、苫小牧駅のコンビニでお土産に「よいとまけ いちご(730円)」を購入した。再びホームへと向かうと、待っていた列車はキハ40系のむかわ竜ラッピング列車であった。

キハ40系

17時13分、キハ40系は苫小牧駅を後にした。沼ノ端駅で千歳線が分岐していき、列車は追分・岩見沢方面へと進む。17時51分、追分駅に到着した。

追分駅で対面に停車していたキハ150形に乗り換える。夕方になり、日が大分傾いてきた。

キハ150形

17時56分、キハ150形は追分駅を後にした。途中の東追分信号場付近では牛がたくさんいるのを見ることができた。18時15分、滝ノ上駅に到着した。

滝ノ上駅は相対式2面2線の駅である。一日上り3本、下り2本しか列車が停車しない無人駅だ。ホーム間の移動は跨線橋を使う。滝ノ上駅の駅舎内には、椅子が8脚あるのみで、トイレは使えなかった。

滝ノ上駅の駅前は国道274号線が通っており、車が多かった。また、千鳥ヶ滝が近くにあるらしい。

そんな滝ノ上駅だが、残念ながら2024年3月の廃駅が決まってしまった。滝ノ上駅を訪問した翌年に廃駅になるとは、訪問時は思ってもいなかった。今回、隣の川端駅と滝ノ上駅のどちらかを訪問しようと思って、滝ノ上駅を選んだが、ある意味正解だったのかもしれない。

辺りも真っ暗になってきて、帰りの列車がやって来た。その列車に乗り込み、千歳駅を経由し札幌駅へと向かった。札幌駅でにしんそばを食べた後、夜食に「はこだて四季彩幕の内(1200円)」を購入し、帰路についた。

はこだて四季彩幕の内

<帰路>
滝ノ上(18:50)→千歳(19:45)・・・石勝線・千歳線普通千歳行
千歳(19:49)→札幌(20:20)・・・快速エアポート197号手稲行
札幌(20:52)→野幌(21:16)・・・函館本線普通江別行

第0383駅 幌別駅(北海道)

北海道(胆振地方)
12 /02 2023
訪問日:2023年5月3日(水)

所在地:北海道登別市


幌別駅


幌別駅駅名標


<経路>

白老(14:59)→幌別(15:16)・・・特急すずらん6号室蘭行


14時59分、785系特急すずらん6号は白老駅を後にした。自由席に座り、ゆったりと車窓を眺める。やがて、登別駅に停車し、すぐ出発する。15時16分、幌別駅に到着した。


785系特急すずらん6号


幌別駅は単式1面1線、島式1面2線の2面3線の駅である。特急すずらんが停車する。橋上駅でみどりの窓口がある業務委託駅となっている。幌別駅の中には、ベンチ、トイレ、自動販売機がある。


幌別駅の駅前に出てみると、郵便局など建物が結構建っている。登別市役所の最寄り駅でもあり、登別市民にとっての実質的な中心駅となっている。ちなみに、先ほど下車した登別駅は登別観光の中心駅といえるかもしれない。


これで、室蘭本線の白老駅~幌別駅間の駅はすべて下車した。しかし、時間はまだあるので、苫小牧方面へ戻り、石勝線の駅を一駅訪れようと考えた。だが、夕方暗くなる前に到着できるか、少々不安があったが・・・。


次は滝ノ上駅へ向かう。

第0382駅 白老駅(北海道)

北海道(胆振地方)
11 /04 2023
訪問日:2023年5月3日(水)
所在地:北海道白老郡白老町


白老駅


白老駅駅名標


<経路>

北吉原(13:56)→白老(14:04)・・・室蘭本線普通苫小牧行


13時56分、キハ143形は北吉原駅を後にした。乗車したキハ143形も2両編成だった。14時4分、白老駅に到着した。


白老駅は単式1面1線、島式1面2線の2面3線の駅である。特急北斗の一部と特急すずらんが停車する。白老町の中心駅で、みどりの窓口がある業務委託駅となっている。また、副駅名に「ウポポイ 民族共生象徴空間前」が付けられている。副駅名のとおり、白老駅の北側にウポポイがある。ちなみに、ウポポイは国立アイヌ民族博物館や国立民族共生公園、慰霊施設などを整備したもので、語源はアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味している。


白老駅は2020年にリニューアルされ、ウポポイがある北口への自由通路が設けられた。跨線橋上に自由通路へ出入りできる臨時改札口も設置されている。白老駅内には、トイレ、ベンチ、ロッカー、自動販売機がある。また、観光案内ブースも設けられ、パンフレットが置かれている。改札内にはエレベータもある。


白老駅の駅前に出てみると、駅前はきれいに整備されている。駅前のポストや自動販売機もアイヌ仕様になっていた。ポストにはイランカラプテという文字が描かれていた。イランカラプテはアイヌ語で「こんにちは」という意味らしい。


再び白老駅の中に入り、次の列車を待つことにした。しかし、普通列車の本数が少ない時間帯で、しばらく来ない。そこで、特急列車を使ってワープし、もう一駅多く訪問することにした。券売機で幌別駅までの乗車券と自由席特急券を購入した。その後、ベンチに腰掛け、列車を待った。その間にも、たくさんの観光客がいて、札幌方面や函館方面の特急列車に乗っていった。


時間になり、ホームへと上がる。すると、ホームから特徴的な形をした樽前山が見えた。


樽前山


次は幌別駅へ向かう。

第0381駅 北吉原駅(北海道)

北海道(胆振地方)
10 /07 2023
訪問日:2023年5月3日(水)

所在地:北海道白老郡白老町


北吉原駅


北吉原駅駅名標


<経路>

萩野(13:03)→北吉原(13:06)・・・室蘭本線普通室蘭行


13時3分、H100形は萩野駅を後にした。また、登別・室蘭方面へ1駅戻る。13時6分、北吉原駅に到着した。


北吉原駅は相対式2面2線の駅である。2003年に簡易委託駅から無人駅となっている。また、北吉原駅は元々は橋上駅だったが、老朽化のため2019年に解体されてしまっている。現在は、苫小牧方面、室蘭方面の両方面のホームにそれぞれ小さな新しい待合室が設置されている。両方のホームは北吉原駅近くの通路と踏切を通って行き来する形となっている。そのため、少々歩かなければならない。待合室の中にはベンチが設置されている。


北吉原駅の駅前は国道36号線が走っている。一方、駅裏は製紙工場がある。


特異な形の橋上駅時代の北吉原駅を訪れることができなかったのは残念であるが、その時代に思いをはせ、次の列車を待つことにした。


次は白老駅へ向かう。

第0380駅 萩野駅(北海道)

北海道(胆振地方)
09 /02 2023
訪問日:2023年5月3日(水)

所在地:北海道白老郡白老町


萩野駅


萩野駅駅名標


<経路>

虎杖浜(12:26)→萩野(12:38)・・・室蘭本線普通苫小牧行


12時26分、H100形は虎杖浜駅を後にした。1両編成のためか、車内はそこそこ混んでいた。12時38分、萩野駅に到着した。


萩野駅は単式1面1線、島式1面2線の2面3線の駅である。駅舎とホームは跨線橋で行き来する形だ。ただし、3番線は回送のみで、乗降は取り扱わないようだ。2011年までは業務委託駅であったが、現在は無人駅となっている。萩野駅の駅舎内には、ベンチが2脚あって、座布団が敷かれている。駅ノートも置いてあった。また、トイレもあった。


次は北吉原駅へ向かう。

気まぐれムック

私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。