FC2ブログ

最近の駅訪問

2019年5月3日に駅訪問に行ってきました。訪問駅は、 東鹿越、下金山、金山、布部、山部 です。
(2019/05/03 up)
Finetoday

駅訪問の掲示板

現在掲載中の訪問駅は、 東鹿越、下金山、金山、布部、山部 です。
(2019/05/04 up)
Finetoday

プロフィール

気まぐれムック

Author:気まぐれムック
私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。

カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキング

リンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

第0367駅 金山駅(北海道) 2019/07/06
第0366駅 下金山駅(北海道) 2019/06/01
第0365駅 東鹿越駅(北海道) 2019/05/04
第0364駅 南小樽駅(北海道) 2019/01/19
第0363駅 小樽築港駅(北海道) 2019/01/05
第0362駅 朝里駅(北海道) 2018/12/22
第0361駅 銭函駅(北海道) 2018/12/01
第0360駅 ほしみ駅(北海道) 2018/11/10
第0359駅 星置駅(北海道) 2018/10/27
第0358駅 稲穂駅(北海道) 2018/10/13

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
31位
アクセスランキングを見る>>

twitter

RSSリンクの表示

にほんブログ村

人気ブログランキング

第0367駅 金山駅(北海道)

訪問日:2019年5月3日(金)
所在地:北海道空知郡南富良野町

金山駅

金山駅駅名標

<経路>
下金山(14:42)→金山(14:50)・・・根室本線普通東鹿越行

14時42分、キハ40系は下金山駅を後にした。東鹿越駅方面へ一駅戻る。14時50分、金山駅に到着した。

金山駅は相対式2面2線の駅である。快速狩勝(下りのみ)が停車する。金山駅も窓口の跡があるが、現在無人駅となっている。ゴミ箱、トイレがあり、駅ノートも置いてある。駅舎は北海道らしい趣のある建物となっている。

金山駅のホームは構内踏切で行き来する形になっている。また、ホームにはレンガで造られた危険物倉庫が設置されている。

30分くらいの滞在であったが、次の列車を待つ乗客が何人かいた。

次は布部駅へ向かう。

第0366駅 下金山駅(北海道)

訪問日:2019年5月3日(金)
所在地:北海道空知郡南富良野町

下金山駅

下金山駅駅名標

<経路>
東鹿越(12:09)→下金山(12:27)・・・根室本線普通滝川行

12時9分、キハ40系は東鹿越駅を後にした。列車はまもなくかなやま湖を渡る。12時27分、下金山駅に到着した。

キハ40系

下金山駅は単式1面1線の駅である。快速狩勝(下りのみ)が停車する。無人駅だが、かつては窓口もあったようだ。トイレやゴミ箱も設置してある。駅ノートもあるが、今年の4月に新しいノートを設置したばかりのようだ。

ホームは砂利が敷かれている。かつては島式ホームだったようで、その名残がある。駅舎とホームは離れている。

下金山駅の駅前は集落が形成されている。

次の列車まで2時間以上あるので、ちょうどお昼時ということで、札幌駅で購入した駅弁を食べることにした。まず、「やまべ鮭寿し」を食べる。鮭とやまべの握りが入っていて、美味しくいただいた。

やまべ鮭寿し

しかし、昼食としては量が物足りないので、「彩り御膳 春らんまん」も食べることにした。こちらは、季節限定の駅弁だ。お品書きも付いており、シラス入り香梅俵ご飯、蟹とイクラの華いなり、菜の花入り五色巻き寿し、道産サクラマスのよもぎ味噌焼き、知床鶏竜田揚げ、道産帆立と海老の豆乳蒸し、はちみつ入り卵焼き、道産タコの真丈揚げ煮、道産フキのピリ辛煮、道産小松菜のごま白和え、そして桜ようかんが入っていた。お米も北海道産のななつぼしを使用しており、これでもかというくらい道産の食材を使用した駅弁だった。もちろん、あっという間に美味しく食べてしまった。

彩り御膳 春らんまん

駅弁も食べ終わり、下金山駅の待合室で駅ノートを記入したり、本を読んだり、のんびりと過ごすことができた。やがて、次の列車がやってくる時間となったので、ホームへと向かった。

次は金山駅へ向かう。

第0365駅 東鹿越駅(北海道)

訪問日:2019年5月3日(金)
所在地:北海道空知郡南富良野町

東鹿越駅

東鹿越駅駅名標

<経路>
野幌(5:44)→札幌(6:03)・・・函館本線普通札幌行
札幌(6:16)→南千歳(6:51)・・・快速エアポート60号新千歳空港行
南千歳(7:27)→新夕張(7:58)・・・特急スーパーおおぞら1号釧路行
新夕張(8:57)→新得(9:56)・・・特急スーパーとかち1号帯広行
新得(10:49)→東鹿越(11:57)・・・根室本線代行バス東鹿越行

今回はほぼ一年ぶりに一日散歩きっぷ(2260円)を使った日帰り旅に出かけることにした。場所は廃止も検討されている根室本線富良野駅~東鹿越駅だ。まずは、札幌駅へ向かい、駅弁を購入する。購入したのは、「彩り御膳 春らんまん(1000円)」と「やまべ鮭寿し(600円)」だ。その後、ホームへと上がり、列車に乗り込んだ。

6時16分、721系快速エアポート60号は札幌駅を後にした。一路、南千歳駅まで向かう。6時51分、南千歳駅に到着した。

721系快速エアポート60号

南千歳駅で新夕張駅までの乗車券と自由席特急券を購入する。この時間帯は普通列車がないため、新夕張駅まで特急でワープするためだ。南千歳駅には、オペレータと話せる券売機が1台導入されていた。切符を購入し、再びホームへと向かった。

7時27分、キハ283系特急スーパーおおぞら1号は南千歳駅を後にした。自由席はそこそこ空席があり、余裕で座ることができた。追分駅に止まった後、車掌が来て検札していった。7時58分、新夕張駅に到着した。

キハ283系特急スーパーおおぞら1号

新夕張駅では、ついおよそ一ヶ月前に石勝線の夕張支線が廃線になったばかりだ。2本あるホームのうち、奥の1本が封鎖されていた。新夕張駅ではそこそこお客がいて、みんな札幌方面の特急に乗り込んでいった。また、新さっぽろ駅前行の夕鉄バスが発車していった。

8時57分、キハ261系特急スーパーとかち1号は新夕張駅を後にした。新夕張駅~新得駅間は普通列車が走っていないので、同区間相互発着に限り、特例で特急の自由席に座ることができる。もちろん、一日散歩きっぷでも乗れるのだ。乗車後すぐに検札が来て、新得駅で下車することを伝えた。また、乗り込んだ特急列車にはNHKの連続テレビ小説「なつぞら」のラッピングが施されていた。9時56分、新得駅に到着した。

キハ261系特急スーパーとかち1号

新得駅では、10時からそば屋の営業が始まった。早速中に入り、山菜そば(410円)を注文した。お腹を満たし、新得駅構内にあるステラステーションでお土産も購入した。やがて、新得駅前に代行バスがやってきた。

10時49分、根室本線代行バスは新得駅を後にした。代行バスはふらのバスが運行しているようだ。途中、サホロリゾートで家族連れが乗車した。その後、狩勝峠を越え、落合駅に5分停車した。さらに、バスは進み、幾寅駅に到着。ここで、1名下車、2名乗車した。11時57分、東鹿越駅に到着した。

根室本線代行バス

東鹿越駅は島式1面2線の駅である。無人駅で、当初2017年3月に廃止される予定だった。しかし、2016年の台風10号により、東鹿越駅~新得駅間は不通となってしまった。そのため、代行バスへの乗り換え駅として存続することになったのだ。東鹿越駅には待合室があり、トイレもある。また、待合室の中になぜかあめ玉が置かれていた。東鹿越駅のホームには、石灰石と書かれた石が置かれている。

東鹿越駅の石灰石と書かれた石

東鹿越駅の駅前にはかなやま湖が広がっていた。

かなやま湖

次は下金山駅へ向かう。

第0364駅 南小樽駅(北海道)

訪問日:2018年4月30日(月)
所在地:北海道小樽市

南小樽駅

南小樽駅駅名標

<経路>
小樽築港(17:00)→南小樽(17:03)・・・区間快速いしかりライナー小樽行

17時0分、721系は小樽築港駅を後にした。列車は小樽市内を進む。17時3分、南小樽駅に到着した。

南小樽駅は島式1面2線の駅である。快速エアポート、快速ニセコライナーが停車する。ホームが掘り割りの中にあり、駅舎とホームは跨線橋で行き来する構造になっている。みどりの窓口があるほか、トイレ、自動販売機も備わっている。Kitacaも使える。また、南小樽駅にはセブンイレブンが隣接している。ちなみに、南小樽駅は「なんたる」という愛称で市民に親しまれている。

南小樽駅はかつて手宮線が分岐していたが、1985年に廃止されている。手宮線は北海道で最初に開業した鉄道の一部である。今でも、旧手宮線の跡が駅舎とホームの間に見ることができる。

南小樽駅前に出てみると、鐘が設置されており、その周囲は桜の花で満開であった。鐘と桜が見事にマッチしていた。その様子をカメラなどで撮影しているアジア系の外国人が多かった。

南小樽駅の鐘

南小樽駅からは観光地であるメルヘン交差点が近い。小樽オルゴール堂やルタオなどがあり、多くの観光客で賑わっている場所だ。

これにて、本日の駅巡りは終了することにした。一旦、小樽駅へと向かい、夕食を購入。帰りは小樽駅から快速エアポートのuシートの座席を取り、優雅に札幌駅まで乗った。札幌駅で一旦下車し、本屋に寄ったあと帰路についた。

<帰路>
南小樽(17:22)→小樽(17:26)・・・千歳線・函館本線普通小樽行
小樽(18:00)→札幌(18:28)・・・快速エアポート184号新千歳空港行
札幌(19:23)→野幌(19:47)・・・区間快速いしかりライナー江別行

第0363駅 小樽築港駅(北海道)

訪問日:2018年4月30日(月)
所在地:北海道小樽市

小樽築港駅

小樽築港駅駅名標

<経路>
朝里(16:28)→小樽築港(16:31)・・・区間快速いしかりライナー小樽行

16時28分、731系は朝里駅を後にした。函館本線の区間快速はまもなく小樽市のウォーターフロント地区に入ってきた。16時31分、小樽築港駅に到着した。

小樽築港駅は島式1面2線の駅である。快速エアポート、快速ニセコライナーが停車する。橋上駅で有人駅となっており、みどりの窓口がオープンカウンターで設置されている。もちろん、トイレもある。小樽築港駅の南北を行き来する連絡通路はマリンロードと名付けられている。

小樽築港駅周辺はかつて小樽築港機関区があった。かつては蒸気機関車などが配置され、扇形庫もあったが撤去されている。現在は再開発され、ウイングベイ小樽が小樽築港駅とマリンロードで直結している。観光客も多く見られた。小樽築港駅にはタクシーやバス乗り場も設置されている。

また、小樽築港駅から浜小樽駅まで函館本線の貨物支線が走っていたが、1984年に廃止されている。

これで、今回の旅の訪問駅もあと一駅となってしまった。

次は南小樽駅へ向かう。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ