駅の時計

最近の駅訪問

2016年5月21日に駅訪問に行ってきました。訪問駅は、 於札内、月ヶ岡、知来乙、北海道医療大学、石狩当別、石狩太美、中小屋、あいの里公園、あいの里教育大、拓北、篠路 です。
(2016/06/04 up)
Finetoday

駅訪問の掲示板

現在掲載中の訪問駅は、 於札内、月ヶ岡、知来乙、北海道医療大学、石狩当別、石狩太美、中小屋、あいの里公園、あいの里教育大、拓北、篠路 です。
(2016/12/17 up)
Finetoday

プロフィール

気まぐれムック

Author:気まぐれムック
私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。

カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキング

リンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

第0346駅 篠路駅(北海道) 2017/05/13
第0345駅 拓北駅(北海道) 2017/04/29
第0344駅 あいの里教育大駅(北海道) 2017/04/15
第0343駅 あいの里公園駅(北海道) 2017/04/01
第0342駅 中小屋駅(北海道) 2017/03/18
第0341駅 石狩太美駅(北海道) 2017/03/04
第0340駅 石狩当別駅(北海道) 2017/02/18
第0339駅 北海道医療大学駅(北海道) 2017/02/04
第0338駅 知来乙駅(北海道) 2017/01/21
第0337駅 月ヶ岡駅(北海道) 2017/01/07

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
23位
アクセスランキングを見る>>

twitter

RSSリンクの表示

名物駅弁


名刺印刷屋が送る駅弁

にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第0280駅 東六線駅(北海道)

訪問日:2014年7月31日(木)
所在地:北海道上川郡剣淵町

東六線駅

東六線駅駅名標

<経路>
旭川(11:09)→名寄(12:39)・・・快速なよろ1号名寄行
名寄(12:45)→音威子府(13:47)・・・宗谷本線普通稚内行
音威子府(15:45)→名寄(16:34)・・・宗谷本線臨時快速旭川行
名寄(16:44)→東六線(17:29)・・・宗谷本線普通旭川行

二日目は早朝から行動する予定だったが、疲れもありホテルのチェックアウトギリギリまでシャワーを浴びたりして、のんびりと過ごすことにした。ホテルをチェックアウトし、旭川駅へ向かう。まずは、駅弁を購入する。いつもだと時間の関係で、限られた駅弁しか買えなかったが、この時間だと種類が豊富にある。ここで入手したのが、まんざいどん(1674円)だ。早速、食べることにする。海鮮物がたくさん入っていて、とても贅沢な駅弁であった。

まんざいどん

ようやく列車の時間が来て、旭川駅を離れる。名寄駅で乗り換えをし、音威子府駅に到着した。早速、お目当ての駅そば屋を見てみると、三度目の正直で見事に開店していた。ここで天ぷらそばを注文し、駅のベンチで食べた。本当に黒いそばで、とてもおいしかった。これで、リベンジを果たした。

15時45分、キハ400系+キハ40系臨時快速は音威子府駅を後にした。ちょうど、臨時快速運行の最終日だった。キハ400系のお座敷列車に初乗車だったが、満席で座れなかった。仕方なく、デッキで天塩川の流れを眺めながら、キハ400系の乗り心地を楽しんだ。16時34分、名寄駅に到着した。

キハ400系臨時快速

すぐさま、旭川行の列車に乗り込んだ。

キハ40系

16時44分、キハ40系は名寄駅を後にした。途中の風連駅では、ギターの練習をしている学生たちがいた。17時29分、東六線駅に到着した。

東六線駅は単式1面1線の駅である。板張りのホームと東六線乗降場待合室という看板が掲げられた待合室があるのみの駅だ。その待合室の床は砂利で、木のベンチのみ置かれていた。トイレは無い。普通列車の一部も通過する駅で、上り4本、下り4本しか停車しない。東六線駅のすぐ側には踏切があり、車はそこそこ通っていた。

次は東風連駅へ向かう。
スポンサーサイト

第0279駅 天塩川温泉駅(北海道)

訪問日:2014年7月30日(水)
所在地:北海道中川郡音威子府村

天塩川温泉駅

天塩川温泉駅駅名標

<経路>
咲来(17:26)→天塩川温泉(17:30)・・・宗谷本線普通旭川行

17時26分、キハ54形は咲来駅を後にした。運転士の研修だろうか、乗務員が二人乗っていた。17時30分、天塩川温泉駅に到着した。

天塩川温泉駅は単式1面1線の駅である。板張りホームと待合室のみの駅だ。しかし、その小さな待合室には椅子、トイレ、ストーブがあり、さらに横になれる段もある。駅ノートももちろんあった。今回は訪れなかったが、駅名のとおり天塩川温泉が天塩川の対岸にある。

今日の駅巡りはこれにて終了し、本日の宿泊地である旭川へ向かうことにする。だが、一旦音威子府駅まで北上する。音威子府駅へ向かうのは、特急スーパー宗谷4号で名寄駅へワープするためだ。音威子府駅の窓口は16時40分で閉まる。そのため、あらかじめ士別駅で切符を買っておいたのだ。

あと、事前に調査していたが、駅そばも水曜日が定休日である。そのため、明日もう一度音威子府駅を訪れるとしよう。過去2回も駅そばにありつけなかったリベンジを果たすために・・・。

音威子府駅で特急スーパー宗谷4号を待っていると、これから札幌方面へ向かうというおじさんと仲良くなった。いろいろと話をして、なぜかクリームパンまでもらってしまった。やがて、キハ261系特急スーパー宗谷4号が入線してきた。この特急に乗り込み名寄駅へと向かい、そこで旭川行の普通列車に乗り換え、旭川へ向かった。

キハ261系特急スーパー宗谷4号

<経路>
天塩川温泉(17:39)→音威子府(17:48)・・・宗谷本線普通幌延行
音威子府(18:49)→名寄(19:35)・・・特急スーパー宗谷4号札幌行
名寄(20:11)→旭川(21:43)・・・宗谷本線普通旭川行

第0278駅 咲来駅(北海道)

訪問日:2014年7月30日(水)
所在地:北海道中川郡音威子府村

咲来駅

咲来駅駅名標

<経路>
豊清水(15:09)→咲来(15:17)・・・宗谷本線普通稚内行

15時9分、キハ54形は豊清水駅を後にした。車内はガラガラであった。15時17分、咲来駅に到着した。

咲来駅は単式1面1線の駅である。待合室にはベンチ、駅ノート、トイレがあり、ストーブもあった。しかし、ゴミ箱は撤去されていた。待合室の中は掃除されているのか、きれいで過ごしやすかった。待合室の壁は黄色に塗られていた。近くにライダーハウスがあるようで、1泊1000円らしい。

待合室で快適に過ごしていると、臨時の快速列車が上下とも通過していった。

次は天塩川温泉駅へ向かう。

第0277駅 豊清水駅(北海道)

訪問日:2014年7月30日(水)
所在地:北海道中川郡美深町

豊清水駅

豊清水駅駅名標

<経路>
士別(12:18)→名寄(12:39)・・・快速なよろ1号名寄行
名寄(12:45)→豊清水(13:33)・・・宗谷本線普通稚内行

12時18分、キハ40系快速なよろ1号は士別駅を後にした。列車は北へと向かう。12時39分、名寄駅に到着した。

キハ40系快速なよろ1号

名寄駅で稚内行の列車に乗り換える。跨線橋をダッシュで駆け上がり、隣のホームへと向かった。キハ54形の写真を撮り、乗り込んだ。

キハ54形

12時45分、キハ54形は名寄駅を後にした。列車はさらに北へと向かう。やがて、天塩川も見えてきた。13時33分、豊清水駅に到着した。

豊清水駅は島式1面2線の駅である。豊清水駅で下車した時は、ちょうどキハ54形同士の行き違いをしていた。列車を見送り、駅舎の中に入る。木製ベンチ、ゴミ箱、トイレがあり、駅ノートも設置されていた。その駅ノートにはある著名人の書き込みもあって、驚いた。ちょうど、テレビのロケに来たときに書き込んだものなのだろう。また、折り鶴が一つ飾られていた。しかし、駅舎の中は虫の死骸でいっぱいだった。

豊清水駅は高台にあった。階段を降り、駅前に出てみると何もなかった。確認できたのは、つぶれた倉庫だけであった。秘境駅にも数えられるようだが、宗谷本線の美深駅~音威子府駅間で列車交換ができる唯一の駅なので、それだけ重要な駅であるのだろう。

次は咲来駅へ向かう。

第0276駅 士別駅(北海道)

訪問日:2014年7月30日(水)
所在地:北海道士別市

士別駅

士別駅駅名標

<経路>
野幌(6:26)→旭川(8:56)・・・函館本線普通旭川行
旭川(9:16)→士別(9:58)・・・特急スーパー宗谷1号稚内行

夏の旅第2弾は、宗谷本線の駅を少し巡ることにした。旭川駅~士別駅の乗車券と特急券をあらかじめ購入し、旅人で混んでいる始発列車に乗り込んだ。平日にも関わらず混雑しているのは、夏休みになっているからだろうか。滝川駅で少し下車した人たちがいた。旭川駅に到着し、昼食用の駅弁を購入する。購入したのはシンプルにも助六寿し(540円)。他の駅弁は食べたことがあるので、あえて助六寿しをチョイスした。そして、特急スーパー宗谷1号に乗るべく、ホームへと上がった。

9時16分、キハ261系特急スーパー宗谷1号は旭川駅を後にした。自由席に快適に着席できた。塩狩峠を越え、最初の停車駅である和寒駅に停車した。再び列車は進み、北上した。9時58分、士別駅に到着した。

キハ261系特急スーパー宗谷1号

士別駅は単式1面1線、島式1面2線の2面3線の駅である。特急スーパー宗谷と特急サロベツが停車する。駅員がいて、みどりの窓口もある宗谷本線の主要駅の一つだ。訪問時は跨線橋が工事中であった。駅舎内に入った途端、ちょうど特急スーパー宗谷同士が行き違いをするところであった。駅舎内には売店、駅そば、自動販売機、ゴミ箱があり、待合室もある。もちろん、男女別のトイレもついている。

士別駅前に出てみると、ロータリーが整備されていた。しかし、店はあまり見かけず閑散としていた。店は国道沿いにあるのだろうか。ちなみに、士別市は羊の町でもあるようだ。

士別駅で音威子府駅~名寄駅の乗車券と特急券を購入した後、待合室の椅子に腰掛けた。2時間以上も待ち時間があるので、昼食として助六寿しを食べることにした。味はシンプルであるが故、安心できる味であった。

助六寿し

のんびりと過ごし、ようやく次の列車の時間になった。

次は豊清水駅へ向かう。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。