駅の時計

最近の駅訪問

2016年5月21日に駅訪問に行ってきました。訪問駅は、 於札内、月ヶ岡、知来乙、北海道医療大学、石狩当別、石狩太美、中小屋、あいの里公園、あいの里教育大、拓北、篠路 です。
(2016/06/04 up)
Finetoday

駅訪問の掲示板

現在掲載中の訪問駅は、 於札内、月ヶ岡、知来乙、北海道医療大学、石狩当別、石狩太美、中小屋、あいの里公園、あいの里教育大、拓北、篠路 です。
(2016/12/17 up)
Finetoday

プロフィール

気まぐれムック

Author:気まぐれムック
私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。

カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキング

リンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

第0346駅 篠路駅(北海道) 2017/05/13
第0345駅 拓北駅(北海道) 2017/04/29
第0344駅 あいの里教育大駅(北海道) 2017/04/15
第0343駅 あいの里公園駅(北海道) 2017/04/01
第0342駅 中小屋駅(北海道) 2017/03/18
第0341駅 石狩太美駅(北海道) 2017/03/04
第0340駅 石狩当別駅(北海道) 2017/02/18
第0339駅 北海道医療大学駅(北海道) 2017/02/04
第0338駅 知来乙駅(北海道) 2017/01/21
第0337駅 月ヶ岡駅(北海道) 2017/01/07

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
23位
アクセスランキングを見る>>

twitter

RSSリンクの表示

名物駅弁


名刺印刷屋が送る駅弁

にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第0331駅 いわて沼宮内駅(岩手県)

訪問日:2015年6月10日(水)
所在地:岩手県岩手郡岩手町

いわて沼宮内駅

いわて沼宮内駅駅名標

<経路>
野辺地(13:26)→八戸(14:06)・・・青い森鉄道青い森鉄道線快速八戸行
八戸(15:06)→いわて沼宮内(15:31)・・・新幹線はやぶさ24号東京行

13時26分、青い森703系快速は野辺地駅を後にした。列車は上北町、三沢と停車した。14時6分、八戸駅に到着した。

八戸駅で、いわて沼宮内駅までの切符を購入した。また、夕食用に駅弁潮騒の彩り(1250円)を購入した。しばらく待って、ようやく新幹線の発着時刻が近づいたので、新幹線ホームへと向かった。

15時6分、E5系新幹線はやぶさ24号は八戸駅を後にした。やはり、新幹線は快適だ。途中、二戸駅に停車した。15時31分、いわて沼宮内駅に到着した。

E5系新幹線はやぶさ24号

いわて沼宮内駅は相対式2面2線の駅である。新幹線はやぶさが停車する。また、旧東北本線だった第三セクターアイジーアールいわて銀河鉄道と接続しており、こちらは単式1面1線、島式1面2線の2面3線となっている。いわて沼宮内駅には、みどりの窓口、KIOSK、トイレ、待合室が備わっている。出口は東口と西口があり、東口は駐車場、西口はタクシーなどのロータリーが完備されている。しかし、あまり人は降りず、少し寂しい感じであった。

これにて、本日の駅旅は終了とし、八戸駅へ戻ることにした。八戸駅へは新幹線を使わず、アイジーアールいわて銀河鉄道を使うことにした。やってきたIGR7000系に乗り込んだ。

IGR7000系

八戸駅へと再び戻ってきて、ホテルに帰った。夕食はもちろん八戸駅で購入しておいた、潮騒の彩りを食した。いろいろな海鮮物が入っていて、満足できるおいしさだった。

潮騒の彩り

明日は、いよいよ最終日。青森県内の駅を数駅巡った後、北海道へ戻ることになっている。

<経路>
いわて沼宮内(15:48)→八戸(16:35)・・・アイジーアールいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線・青い森鉄道青い森鉄道線普通八戸行
スポンサーサイト

第0322駅 久慈駅(岩手県)

訪問日:2015年6月9日(火)
所在地:岩手県久慈市

久慈駅

久慈駅駅名標

<経路>
宮古(6:08)→久慈(7:43)・・・三陸鉄道北リアス線普通久慈行

4日目、天気はあいにくの雨だった。早朝、ホテルをチェックアウトし、宮古駅へ向かう。しかし、三陸鉄道の宮古駅はまだ開いておらず、JR宮古駅でしばらく待つことにした。三陸鉄道宮古駅がようやく開いたので、移動する。中には、ベンチ2脚、椅子3脚、ゴミ箱、自動販売機、売店があり、窓口もあった。窓口の営業時間は6:45~18:30だったため、自動券売機で久慈駅までの切符を購入した。

三陸鉄道宮古駅

三陸鉄道の列車が既に入線しており、早速乗り込んだ。車内には自動販売機が設置されていた。また、運行再開一周年記念のヘッドマークが取り付けられていた。

三陸鉄道36-200形

6時8分、三陸鉄道36-200形は三陸鉄道宮古駅を後にした。列車は北上する。ちなみに、北リアス線の55%がトンネルである。途中、車窓からは東日本大震災からの復興作業中の様子も見られた。震災の爪痕がまだ残っていた所もあり、一日も早く復興することを願った。7時43分、三陸鉄道久慈駅に到着した。

三陸鉄道久慈駅で学生が大量に下車していた。名物のうに弁当が売られているリアス亭は、あいにくこの日は休みであった。

三陸鉄道久慈駅

JR久慈駅に移動し、しばし八戸線の列車を待つことにした。

久慈駅は島式1面2線の駅である。駅舎とホームは構内踏切で行き来する。広い待合室があり、駅そば店、自動販売機、ゴミ箱がある。また、久慈の名産が飾られていた。もちろん、トイレもある。駅舎は2013年にリニューアルされている。駅前にはバスやタクシーの乗り場が整備されている。

お腹が空いたので、駅そば店で琥珀そば(420円)を注文した。そばには、菊花が浮かんでいて見た目にも美しく、とても美味しくいただいた。

やがて、列車の出発時間となり、ホームへと向かった。ホームには既にキハ40系が入線していた。

キハ40系

次は鮫駅へ向かう。

第0321駅 宮古駅(岩手県)

訪問日:2015年6月8日(月)
所在地:岩手県宮古市

宮古駅

宮古駅駅名標

<経路>
茂市(16:34)→宮古(16:56)・・・山田線普通宮古行

16時34分、キハ110系は茂市駅を後にした。乗客は自分一人だけであった。16時56分、宮古駅に到着した。

キハ110系

宮古駅は単式1面1線、島式1面2線の2面3線の駅である。快速リアスが発着する。山田線の途中駅であるが、東日本大震災の影響で、宮古~釜石間は運休している。また、宮古駅は三陸鉄道北リアス線の接続駅でもある。JR宮古駅の駅舎の隣に、三陸鉄道の宮古駅が建っている。

宮古駅は有人駅で、みどりの窓口がある。他には、KIOSK、待合室、トイレ、ゴミ箱や駅そば店もあるようだ。駅舎は2012年にリニューアルされた。

これで、本日の旅は終了とすることにした。ローソンで買い物をし、ホテルに投宿した。夕飯は盛岡駅で購入した、とろサーモン炙り寿司を食べた。

とろサーモン炙り寿司

明日は、三陸鉄道北リアス線と八戸線を乗りつぶし、八戸駅方面へと向かうことにした。ただ、明日の天気は雨のようだが・・・。

第0320駅 茂市駅(岩手県)

訪問日:2015年6月8日(月)
所在地:岩手県宮古市

茂市駅

茂市駅駅名標

<経路>
盛岡(13:51)→茂市(15:33)・・・快速リアス宮古行

13時51分、キハ110系快速リアスは盛岡駅を後にした。1両編成の列車だった。車内で新花巻駅で購入した白金豚弁当を食べた。肉が甘くて美味しく、あっという間に完食した。快速リアスは山田線の盛岡~宮古間の快速列車だ。途中、上盛岡駅、山岸駅、上米内駅、陸中川井駅と停車した。ちなみに、一部の快速リアスは区界駅にも停車する。列車は山深い所を閉伊川に沿って走った。15時33分、茂市駅に到着した。

キハ110系快速リアス

白金豚弁当

茂市駅は単式1面1線、島式1面2線の2面3線の駅である。快速リアスが停車する。かつては岩泉線の分岐駅だったが、災害により不通となり、2014年にそのまま廃止されてしまった。一度乗ってみたかったが、残念である。茂市駅前からは岩泉方面へバスが発着している。

茂市駅は有人駅である。駅舎の中には、椅子が11脚、ゴミ箱、駅ノート、ストーブ、窓口がある。また、在りし日の岩泉線の写真が飾られていた。トイレは駅を出て、右手に設置されている。

山の中の小さな駅だが、駅員もいて暖かさを感じる駅であった。いつまでも残ってほしい駅である。

次は宮古駅へ向かう。

第0319駅 盛岡駅(岩手県)

訪問日:2015年6月8日(月)
所在地:岩手県盛岡市

盛岡駅

盛岡駅駅名標

<経路>
新花巻(12:42)→盛岡(12:54)・・・新幹線やまびこ45号盛岡行

12時42分、E5系+E6系新幹線やまびこ45号は新花巻駅を後にした。自由席はガラガラでゆったりと座ることができた。それにしても、やまびこにE5系+E6系が使われているとは予想外だった。12時54分、盛岡駅に到着した。

E5系+E6系新幹線やまびこ45号

盛岡駅は在来線が島式4面8線、新幹線が島式2面4線、それにIGRいわて銀河鉄道の頭端式1面2線の駅である。新幹線はやぶさ、新幹線はやて、新幹線やまびこ、新幹線こまち、快速はまゆり、快速アテルイ、快速リアスが発着する。盛岡駅は東北新幹線、東北本線、田沢湖線、山田線とIGRいわて銀河鉄道が接続する、鉄道の結節点となる駅だ。また、IGRいわて銀河鉄道を経由して、花輪線も乗り入れている。当然、盛岡市の代表駅でもあり、岩手県の代表駅でもある。

盛岡駅に到着し、駅を出るのに少々戸惑う。駅が結構複雑だからだ。特に、駅舎の写真を撮るのに、駅前の地下道を歩いていると、案内板があるにも関わらず、自分がどこにいるかわからなくなった。一度地上に上がって、その場所では駅舎の写真が撮れなかったので、再び地下道に戻るといったことをした。ようやく、目的の場所に達した時は、階段の上り下りでくたくただった。

再び盛岡駅構内に入り、駅弁とろサーモン炙り寿司(1000円)を購入した。これは、宮古のホテルについてからの夕食としよう。これから、山田線に乗換となるが、山田線の本数が少なく、しばし在来線改札口前で待った。これから乗るのは、山田線快速リアスだ。出発25分前に列車が入線していたので、ホームへと降り、快速リアスに乗車した。

次は茂市駅へ向かう。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。