最近の駅訪問

2018年4月30日に駅訪問に行ってきました。訪問駅は、 八軒、新川、鶴沼、百合が原、太平、新琴似、桑園、琴似、発寒、稲積公園、手稲、稲穂、星置、ほしみ、銭函、朝里、小樽築港、南小樽 です。
(2018/04/30 up)
Finetoday

駅訪問の掲示板

現在掲載中の訪問駅は、 八軒、新川、鶴沼、百合が原、太平、新琴似、桑園、琴似、発寒、稲積公園、手稲、稲穂、星置、ほしみ、銭函、朝里、小樽築港、南小樽 です。
(2018/05/05 up)
Finetoday

プロフィール

気まぐれムック

Author:気まぐれムック
私が巡った駅を紹介致します。北海道在住なので、メインは北海道を舞台にしています。でも、日本のいろんなところに行ってみたいと思っています。とりあえずは、JR全線制覇を目指したいですね。

カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキング

リンク

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

第0350駅 百合が原駅(北海道) 2018/06/16
第0349駅 鶴沼駅(北海道) 2018/06/02
第0348駅 新川駅(北海道) 2018/05/19
第0347駅 八軒駅(北海道) 2018/05/05
第0346駅 篠路駅(北海道) 2017/05/13
第0345駅 拓北駅(北海道) 2017/04/29
第0344駅 あいの里教育大駅(北海道) 2017/04/15
第0343駅 あいの里公園駅(北海道) 2017/04/01
第0342駅 中小屋駅(北海道) 2017/03/18
第0341駅 石狩太美駅(北海道) 2017/03/04

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
343位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
31位
アクセスランキングを見る>>

twitter

RSSリンクの表示

名物駅弁


名刺印刷屋が送る駅弁

にほんブログ村

人気ブログランキング

第0350駅 百合が原駅(北海道)

訪問日:2018年4月30日(月)
所在地:北海道札幌市北区

百合が原駅

百合が原駅駅名標

<経路>
鶴沼(10:17)→北海道医療大学(11:17)・・・札沼線普通石狩当別行
北海道医療大学(11:29)→百合が原(11:58)・・・札沼線・函館本線普通札幌行

10時17分、キハ40系は鶴沼駅を後にした。列車は各駅に止まりながら、南下する。11時17分、北海道医療大学駅に到着した。

北海道医療大学駅で札幌行の電車に乗り換える。次の石狩当別駅で乗り換えても良かったのだが、北海道医療大学駅が始発の列車であり、ホームも平面で乗り換えられるので楽なのだ。そのことを知っているのか、ほとんどの人がこの駅で乗り換えていた。

11時29分、733系は北海道医療大学駅を後にした。再び石狩川を渡り、札幌市に戻ってきた。11時58分、百合が原駅に到着した。

733系

百合が原駅は相対式2面2線の駅である。無人駅で、駅舎も東口と西口に分かれている。ホーム間は跨線橋で行き来する形になっている。自動改札機もKitacaに対応した、簡易自動改札機になっている。駅前は住宅街が広がっていた。

百合が原駅は百合が原公園の最寄り駅だ。もともと、1986年に開催された'86花と緑の博覧会に合わせて設置された臨時乗降場だった。その後、国鉄の分割民営化と同時に、正式な駅に昇格した経緯がある。その百合が原公園には園内を一周するリリートレインが走っている。今回は時間の都合上、百合が原公園には訪れなかったが、機会があれば訪れてみたいものだ。

次は太平駅へ向かう。

第0349駅 鶴沼駅(北海道)

訪問日:2018年4月30日(月)
所在地:北海道樺戸郡浦臼町

鶴沼駅

鶴沼駅駅名標

<経路>
新川(7:08)→石狩当別(7:38)・・・函館本線・札沼線普通石狩当別行
石狩当別(7:45)→鶴沼(9:10)・・・札沼線普通新十津川行

7時8分、733系+731系は新川駅を後にした。やがて、石狩川を渡り当別町に入る。7時38分、石狩当別駅に到着した。

石狩当別駅で一日一本の新十津川行列車に乗り換える。ほとんどの人が新十津川行の列車に乗り換えたので、キハ40系の一両列車は、満席で立客も出るほど混雑していた。デッキにも前面展望を撮るためか、人でいっぱいだった。おそらく、札沼線の北海道医療大学駅~新十津川駅の廃止の話があったためであろう。自分は何とかボックス席の通路側の席を確保することができた。

7時45分、キハ40系は石狩当別駅を後にした。列車は北上し、石狩月形駅で小休止。その後、再び列車は北上する。9時10分、鶴沼駅に到着した。

キハ40系

鶴沼駅は単式1面1線の駅である。ホームと待合室のみの無人駅だ。現在は1日1往復しか列車は止まらない。待合室の中には、ベンチや駅ノートが置かれており、くみ取り式のトイレもある。徒歩20分ほどで、鶴沼公園へ行けるらしく、その案内図も置かれていた。鶴沼公園の近くには、道の駅つるぬまがある。

ここで、札幌駅で買った駅弁「うに発いくら行」を食べる。弁当を半分に仕切り、左側が蒸しうにや焼きうに、右側がいくらの醤油漬けが御飯の上に乗っかっていた。お腹が空いていたので、夢中になって駅弁を頬張った。

うに発いくら行

駅弁を食べた後、駅ノートに書き込みをしたり、ホームに出て風に当たったりした。遠くには雪をかぶった山々がそびえていた。ただ、この日は風がものすごく強かった。

やがて、新十津川駅から折り返してきた列車がやってきた。すると、鶴沼駅で大量の下車客があった。みな、鶴沼公園へ向かうのだろうか・・・。

次は百合が原駅へ向かう。

第0348駅 新川駅(北海道)

訪問日:2018年4月30日(月)
所在地:北海道札幌市北区

新川駅

新川駅駅名標

<経路>
八軒(6:46)→新川(6:48)・・・函館本線・札沼線普通石狩当別行

6時46分、721系+731系は八軒駅を後にした。なおも、高架区間を列車は進む。6時48分、新川駅に到着した。

新川駅は相対式2面2線の駅である。八軒駅と同様に、高架駅となっており、地上とは階段や、エレベータ、エスカレータで行き来する。自動改札機も八軒駅と同様に、Kitaca対応の簡易自動改札機になっている。みどりの窓口があるが、新川駅で降りた時はまだ開いていなかった。しかし、新川駅で過ごしている間に7時になり、みどりの窓口が開いた。また、新川駅にはトイレ、自動販売機が設置されている。

新川駅の駅周辺は住宅街となっている。駅前広場などはなく、先に住宅地ができてから、駅が新設されたことがよくわかる。住宅地の中に、立派な高架駅があるのは何とも異様な感じがする。

次は鶴沼駅へ向かう。

第0347駅 八軒駅(北海道)

訪問日:2018年4月30日(月)
所在地:北海道札幌市西区

八軒駅

八軒駅駅名標

<経路>
野幌(5:44)→札幌(6:03)・・・函館本線普通札幌行
札幌(6:21)→八軒(6:27)・・・函館本線・札沼線普通石狩当別行

今日は2年ぶりに駅訪問の旅に出かけることにした。今回は札沼線と函館本線の桑園駅~南小樽駅の未乗降駅を訪問する。まずは、一日散歩きっぷ(2260円)を購入し、始発列車に乗り込み、札幌駅へと向かった。札幌駅で駅弁「うに発いくら行(1100円)」を購入した。そして、ホームへと上がった。

6時21分、731系は札幌駅を後にした。次の桑園駅で函館本線と分かれ、札沼線の高架を進む。6時27分、八軒駅に到着した。

731系

八軒駅は相対式2面2線の駅である。高架駅となっており、階段やエレベータ、エスカレータ(上り専用)でホームと地上を行き来する。また、桑園駅から八軒駅まで単線となっているが、八軒駅からは複線となっている。自動改札機はKitaca対応となっている。ただし、磁気券は駅に入場するときは自動改札機に投入できるが、出場するときは投入できない。集札箱に切符を入れるか、駅員に渡すのだろう。このタイプの自動改札機はこの旅でいくつかの駅で見かけることになる。八軒駅は、みどりの窓口があるが、訪問時はまだ開いてなかった。また、トイレ、自動販売機も設置されている。

八軒駅付近は住宅街となっている。駅舎を撮ろうと思ったら、駅前に救急車が止まっていた。しばらくして救急車が去ってから、駅舎を撮影した。そろそろ次の列車がやってくる時間となり、再びホームへと上がった。

次は新川駅へ向かう。

第0346駅 篠路駅(北海道)

訪問日:2016年5月21日(土)
所在地:北海道札幌市北区

篠路駅

篠路駅駅名標

<経路>
拓北(18:15)→篠路(18:17)・・・札沼線・函館本線普通札幌行

18時15分、731系は拓北駅を後にした。列車は3両編成だった。18時17分、篠路駅に到着した。

篠路駅は相対式2面2線の駅である。みどりの窓口がある駅で、トイレ、ベンチ、ゴミ箱等が設置されている。駅舎は東口と西口がある。篠路駅もKitacaが使える。

篠路駅の東口を出てみると、駅前には自転車がたくさん置かれていた。住宅街の中の駅といった感じだが、石造りの倉庫も見られた。開業時は農業地域だったようだが、現在は宅地化が進んでいるのであろう。一方、篠路駅の西口は再開発されているようだ。ただ、篠路駅周辺は高架化が予定されており、現在の趣のある駅舎が見られるのもわずかであろう。

日も暮れたので、本日の札沼線駅巡りはここまでとすることにした。この後、札幌駅に立ち寄り、帰路についた。

<帰路>
篠路(18:33)→札幌(18:52)・・・札沼線・函館本線普通札幌行
札幌(19:46)→野幌(20:05)・・・函館本線普通江別行

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ